沖縄のJ-POPイベント。アラケモ。クルーのJ-POPレビュー
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Flashpiano mini

ぷくぷくタッチ

スペースぷくちゃん

もぐらたたき風ぷくちゃん

ぷく☆ぷく-風船-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1991年7月5日発売。
8cmシングルに人並以上の愛着を持つ人間なら、必ず持ってるのではないかと思われる定番中の定番。コント赤信号の目立たない人が、生涯唯一主役になった一枚。
言うまでもなく、当時ヒットしていたM.C.ハマー「U Can't Touch This」のパロディ。“キャンタッチディス!”を“遣唐使です!”と置き換えた空耳アワーRAP。ハマーに顔が似ているだけでは済まされない完成度です。

カップリング「ケンタイキ」は、全く同じネタで“倦怠期です!”。“ハマー・タイム!”が“ハメたい!”になってる部分とかサイコー。
M.C.コミヤ「遣唐使です~ちょっと目立たない」
スポンサーサイト

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

1995年7月21日発売。
八木田麻衣(東京パフォーマンスドール)と戸田誠司(ex.FAIRCHILD)によるユニット。 ユニット名から分かるように、マクドナルドのCMソング。
繰り返されるフレーズ“NATSUTOKU”は“夏得”“納得”をかけている(たぶん)。音はテクノポップ。
VANILLA SHAKERS「ぴゅんぴゅんの夏」

1992年10月21日発売。
大学時代は劇団☆新感線に所属(同時期に筧利夫も在籍)、舌足らずな関西弁が可愛かった羽野晶紀の4thシングル。表題曲は正統派アイドルポップ。作詞はおなじみ秋元康、作曲はアイドルソングを数多く手掛ける羽田一郎。メイド喫茶を取り入れた萌えジャケは時代を先取りし過ぎたか。

2002年1月に狂言師和泉元彌と結婚、芸能界を引退。“なにわのキョンキョン”とも形容された人気者だっただけに惜しまれます。旦那も何かと大変そうだし。
羽野晶紀「キスをしよう」
1995年9月30日発売。
元祖プッツン女優(皇居に乗り込もうとし、警察官に“紀宮さまは私の妹。お会いしてお手紙を渡したいのです”と言い出す等、多数の奇行有り)、藤谷美和子のシングル。ややプッツンなボーカルが乗っかるレゲエ歌謡。いい出来です。作詞は本人、作曲はアン・ルイス等を手掛けるKIM BULLARD。

あと、スケルトン仕様の8cmシングルは珍しいかも。これ以外に持ってない。

※タイトルの“まな”は、実際の表記は“生”が逆さまになっています。
藤谷美和子「I LOVE YOU EVERYDAY & まな板に乗った恋」

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

1996年6月1日発売。
アニメ『こどものおもちゃ』EDテーマ曲。YAMAHA MUSIC QUEST出身で、JUNGLE SMILEと同期。
当時現役高校生だった増田めぐみのキュートボイスが映えるポップR&B。よりフロア志向に四つ打ちアレンジされた“94675 Mix”も高い完成度です。

こどちゃは観てませんでしたが、サントラに収録されたインスト曲を手掛けているのが尊敬する冨田ラボこと冨田恵一先生らしいので、聴いてみたい。
Still Small Voice「パニック!」
// HOME // NEXT
 bluestar作者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。