沖縄のJ-POPイベント。アラケモ。クルーのJ-POPレビュー
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Flashpiano mini

ぷくぷくタッチ

スペースぷくちゃん

もぐらたたき風ぷくちゃん

ぷく☆ぷく-風船-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1991年7月25日発売。
傑作「家庭教師」を発表した翌年のシングル。前作のテンションを維持しているだけに、次のアルバムもヤバいに違いない・・・という周囲の期待を裏切り、その後のリリースは失速。アルバム「禁じられた生きがい」まで四年待たされる事になります。まぁそれ以降の待たされっぷりを考えるとこれぐらいは何でも無かったのですが・・・。

岡村ちゃんも実はリアルタイムでは全く聴いてません。当時中学生だった私は、ジュンスカ・ユニコーン・フリッパーズ・電気グルーヴ辺りを聴いてたんですが、この岡村靖幸という人だけはどうしても良さが分からなくて。雑誌とかTVとかで観てもとにかく気持ち悪かったですね。唯一「だいすき」だけは嫌いじゃないかな、みたいな。
どっぷりハマるきっかけになったのは、数年前にレンタル落ちで安かったので何気無く買った二枚組「OH!ベスト」。聴いてみて楽曲の良さに驚愕。そして、リアルタイムで聴いたりライヴ観たりしなかったのを激しく後悔。
当時の穴を埋めるべく、アルバム・ライヴDVDを揃えるまでに時間はかかりませんでしたとさ。

さて、意味無く片乳出してるジャケが強烈なこのシングルの話に戻ります。表題曲はいいとして、カップリングの「イケナイコトカイ(Live Version)」のあまりの熱唱ぶりが笑えるので是非聴いていただきたい。客置いてけぼり。
今度の復活ライヴは絶対に行く予定です。いつになるのかは分かりませんが・・・。
岡村靖幸「ターザン ボーイ」

スポンサーサイト
<< 3時のお・や・つ「時の階段 ほどけた靴ひも ~重力をなくして~」 // HOME // スチャダラパー「サマージャム'95」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://arakemo.blog79.fc2.com/tb.php/26-4d72e15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
 bluestar作者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。