FC2ブログ
沖縄のJ-POPイベント。アラケモ。クルーのJ-POPレビュー
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Flashpiano mini

ぷくぷくタッチ

スペースぷくちゃん

もぐらたたき風ぷくちゃん

ぷく☆ぷく-風船-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
1997年10月25日発売。
想い出波止場、BOREDOMSのギタリスト山本精一率いるフォーク・ロックユニット。1stアルバム「らご」は元々インディー・レーベルのギューン・カセットからリリースされていたのですが、内容の素晴らしさが話題になったのかワーナーからジャケを変えて再リリースされました。本作はその際にシングルカットされたものであり、デビュー作にして決定的な名曲。この一曲だけで心を鷲づかみにされた人は多いのではないでしょうか。

1995年前後、オルタナとかロウファイとか悪趣味とかデス渋谷系とか・・・一連の流れでBOREDOMSが注目され、お洒落な雑誌でカヒミ・カリィと一緒に紹介されていた頃。特集とかでは主にEYE、YOSHIMIがよく取り上げられていた(ように見えた)のですが、想い出波止場を愛聴していた私は「いや、ボアで一番凄いのは山本さんなんだ!」と、一貫して山本派でした。
後に想い出波止場の傑作「金星」、トラットリアからのアルバムリリース、そして羅針盤・・・自分の評価は正しかったと確信した次第です。

羅針盤は年一枚のペースでアルバムを出し順調に活動を続けたものの、ドラムを担当していたチャイナこと西浦真奈の急逝により、2005年解散。
1stアルバムのラスト「生まれかわるところが」が時々無性に聴きたくなります。
羅針盤「永遠のうた」
スポンサーサイト



<< パラダイス・ガラージ「I Love You」 // HOME // JPN-12「青春の曲がり角」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://arakemo.blog79.fc2.com/tb.php/35-ecf6d58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //