沖縄のJ-POPイベント。アラケモ。クルーのJ-POPレビュー
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Flashpiano mini

ぷくぷくタッチ

スペースぷくちゃん

もぐらたたき風ぷくちゃん

ぷく☆ぷく-風船-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1990年7月21日発売。
一応会社シリーズのオチで(笑)
仕事が忙しくて彼女に会えない、せめて夢の中ででも・・・多忙なビジネスマンの悲哀を歌った中期ユニコーンの傑作。メンバーも出演した「夢で逢えたら」OP映像で覚えている方も多いのではないでしょうか。

曲の冒頭から変則的なリズムが続き、分かり易い8ビートのサビで一気に開放感を与える構成。ドラムの西川の腱鞘炎のため、一音ずつ叩いたものをサンプリングしてレコーディングしたのも曲構成に関係しているかもしれません。
サビが終わった後、余韻に浸る間も無く唐突にフェイドアウトして曲が終わるというのも、彼らならではのユーモアでしょう。

このCDは“働く男たちのミニLP”というサブタイトルみたいなのがついていて、1曲目に「CSA~ロック幸せ」2曲目に表題曲が収録されています。所属事務所の住所と電話番号が歌詞になっている「CSA」、会社勤めもいつまで続くか分からないと歌う「ロック幸せ」、そして「働く男」・・・“仕事”に関係する歌詞で統一された三部作。

2006年に開催されたokinawAMPに出演した奥田民生。アコギ一本のみの“ひとり股旅”スタイルで「かなり昔の曲ですが・・・」と言って歌い始めた「働く男」。あまりのかっこ良さにのけぞってしまいました。
同時期にテレビアニメ「働きマン」の主題歌としてパフィーがカバーしたのも記憶に新しいところ。原曲に忠実なカバーでした。
ユニコーン「働く男」
スポンサーサイト
<< JUN SKY WALKER(S)「メッセージ」 // HOME // 牛若丸三郎太「勇気のしるし~リゲインのテーマ~(鞍馬山クラブ・ミックス)」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://arakemo.blog79.fc2.com/tb.php/45-2b3b536a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
 bluestar作者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。